東京で受けた身体のタトゥーを対象にした消すための治療

入れたタトゥーを東京で消すと決めるまで

タトゥーを入れた時には、入れる目的であったお互いの存在感をより強く感じたり関係性を強固なものにするという理想が現実になったように感じて、とても大きな満足度を得ました。
しかも、学生の頃には学校の中にある自転車に関係するサークルに在籍していて、自転車に興味関心を持っている方は国内外共にタトゥーを入れている方が多い事を理解していたので、入れた事によって世界的にも通用する自転車が趣味の人間になれたという気持ちも感じていました。
そのように、身体にデザインを刻み込んだ様子に高い満足度を覚えつつ学生を終える気配を感じるのと同時に開始した就職活動時には、長袖のワイシャツと共に長袖のジャケットスーツを着用し続けていた特性上、取り分けてデザインについて気になる事は無かったですし、身体の皮膚に刻み込む事について特に大きな事であるとも考えていませんでした。
学生生活の時に専攻して学んでいた事は、比較的専門性が高い事である上に寛容な考えを持っている方が多いという特徴からすぐに就職先が決まって、卒業に合わせて働き始める事になりました。

東京来てからの友達がBAR開くことなってそこで働けて、他のバイトも探してくれて、ゆりのためにご飯作ってくれるって言ってくれてなんか2時間くらいの電話が最近一ほっこりした。
25とかなのに大人になっててタトゥーも消すぐらいだし、私も成長しなきゃ。
毎日思うけど周りの環境に感謝だな〜。

— ゆり (@Yuuuuri93) April 23, 2016

入れたタトゥーを東京で消すと決めるまでタトゥーを消すことになったきっかけ東京でタトゥーを消すクリニックでのカウンセリングや施術はどのようなもの?